セミナー 広告費50万円で1棟受注を目指す!
契約コストを下げるための集客と営業フォロー手法とは?

2022年11月22日(火)15:00〜16:00

無料

オンライン



近年、資材の高騰、展示場への来場数の減少により住宅業界の粗利の確保が難しくなっております。とはいえ、原価を抑えることは現実的に難しいですし、人件費や広告費を削減することは見込みのある契約創出の機会を失うことにつながってしまいます。

そのため、コストを高めることなく、集客面やお客様フォロー面での費用対効果を高めていくことが重要になります。

本セミナーでは、費用対効果の高いポータルサイト集客方法と効果、そして営業担当者に負担なく営業アプローチを行い営業コストを下げていく方法について解説します。

講師紹介

講師

写真002-2

タウンライフ株式会社

第三営業部 リーダー

木村 純平 氏

講師

518A9105111-2

株式会社コンベックス

営業部 サブマネージャー

小尾 駿一郎

このような方におすすめ

  • 今活用しているポータルサイト集客での費用対効果で悩まれている方
  • 費用対効果の高いポータルサイト集客のポイントを知りたい方
  • 営業担当者の新規採用が難しい…と感じられている方
  • 今いる人材で売上げを上げたいと感じられている方

本セミナーの概要

第1部(タウンライフ) 広告費50万円で1棟受注を獲得する集客・追客術~原価が高騰する住宅業界で事業拡大を目指すための3つの方法~
第2部(コンベックス) 社内人材の負担なく来場・再来場に繋げる!個別感のある自動フォローで実現する営業コスト削減手法

本セミナーの詳細

第1部:
広告費50万円で1棟受注を獲得する集客・追客術
~原価が高騰する住宅業界で事業拡大を目指すための3つの方法~

最近は原価の高騰や展示場の来場者数の減少により、注文住宅業界の利益確保が難しい状況になってきました。 とはいえ、原価を抑えることは現実的ではありませんし、人件費や広告費を削減することは利益創出の機会を失うことにつながります。

本項では1棟あたりの成約コストを下げることで、利益を確保し、事業拡大を目指すため会社様のための3つの方法をお伝えいたします。

第2部:
社内人材の負担なく来場・再来場に繋げる!
個別感のある自動フォローで実現する営業コスト削減手法

契約コストを下げるための要素はさまざまありますが、その一つが営業コストになります。例えば、集客後見込み客とつながらず、ずっとフォローし続ける人件費や時間、忙しく継続的なフォローができず、見込み度の高いお客様を逃してしまう機会損失などがあります。営業コストの多くは目に見えないものが多く、見落としがちです。

本セミナーでは、「自動化」と最後の「一押し」を活用して、営業担当者に負担ないお客様に寄り添ったアプローチを行いながらも、営業コストを削減する方法について解説します。

どこまでをシステムで対応し、どこから営業担当者で対応していくのが良いのかについても、取り組み事例を紹介しながらお伝えします。

注意事項

※より良いセミナー内容をお届けするため、内容は予告なく変更する場合がございます。ご了承ください。